言葉がよく似ている法人カードの違いについて

使ったその場で引き落としされる

最近は、クレジットカードでははく、買い物にデビットカードを使う人が増えています。こうしたカードは個人向けのサービスというイメージもありますが、実は法人向けのデビットカードもあります。カードを作る前にはその特徴と、法人カードとの違いをしっかりと理解しておきましょう。まず、個人向けのデビットカードは買い物などの決済に使うと、その場で口座から使った分の金額が引き落とされます。これは法人向けのデビットカードでも同じです。法人カードの場合は、クレジットカードと同じように、使った金額は後日まとめて引き落としされるのが大きな違いです。法人カードの場合は使用時に口座に残高が不足していても、利用できますが、その場で引き落とされるデビットカードは口座に残高がないと使うことはできません。

デビットカードの審査は比較的甘い

カードを持つには審査をクリアする必要がありますが、資金繰りが良くない会社やまだ社歴の浅い会社は法人カードの審査に通るか不安を感じる場合もあります。その点、その場で引き落としされるデビットカードは貸し倒れのリスクがないこともあり、法人カードに比べて審査が甘い傾向にあります。会社の電気代などの公共料金や通信費などは法人カードから支払うことができますが、デビットカードは公共料金の支払いはできないことも理解しておきましょう。クレジットカードの場合は引き落とし口座を変更することができますが、銀行が発行するデビットカードは口座の変更ができません。デビットカードは海外でも使うことができ、ATMで現地通貨を引き出せるのも便利なところです。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.