法人向けデビットカードで振り込み手数料が安くなる場合

決済手段に使える!法人向けデビットカード

日用品や消耗品などを会社の経費として落としたい、でも会社の口座から引き落とすのは面倒だと考えているのなら法人向けデビットカードは助けになってくれます。デビットカードなので、口座残高内の金額で買い物をすることができます。会社を設立して日が浅いと法人向けクレジットカードを作れないことがありますが、法人向けデビットカードなら赤字であっても作れるほど比較的条件が緩いのです。他口座への送金も可能ですが、振り込み手数料が発生します。この手数料ですが、同じ銀行に口座を持っている相手へ送金する場合や金額によって手数料が安くなる場合があります。ただ、手数料は銀行ごとに違うので利用する際には手数料について調べておきましょう。

手数料を安くしたい!

同口間、他口間をいとわず振り込みをする際には手数料が発生します。その手数料ですが、法人向けデビットカードを発行している銀行ごとで異なります。例えば金額です。一回の振込で数百円の手数料が発生する場合や、一度に振り込む金額が3万円以上なら手数料が安くなるなどです。銀行により手数料は違うので安くなる条件も違ってきます。また、振り込みを行う際には入金先の銀行口座についても調べましょう。振込手数料は同口間であれば他口間に比べて手数料が安くなることもあります。振込先が指定する銀行と同じ銀行であれば振込手数料を抑えることができます。ただし、デビットカードを発行する際に手数料が発生することもあるので法人向けデビットカードを発行する際は振込手数料の安さだけで判断しないようにしましょう。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.