よく利用されるクレジットカードと違う点とは?

発行時に支払い能力に関する審査をされない

法人向けデビットカードはクレジットカードと比べるとどのような点で違いがあるのでしょうか。まず、最大の違いが与信の有無です。クレジットカードの場合、発行時には必ず申込者に対して「支払い能力」についての審査が行われます。なぜなら、クレジットカード利用時にはまずカード会社が立て替えを行い、後日、立て替えた分をカード利用者に請求するからです。もし、カードの申込者に収入がなく、立て替えてもその分を回収できないというのであればクレジットカードの発行は行いません。
一方、デビットカードの場合、決済時にはカードを発行している銀行が客の口座を通じてお金を支払うので、銀行は立て替えを行う必要がありません。そのため、支払い能力に関する審査をしないのです。

支払い方法は銀行口座からの引き落としのみ

代金の支払い方法にも違いがあります。具体的には法人向けデビットカードの場合、クレジットカードのようにリボ払いや分割払いなど、複数の支払い方法から選ぶといったことはできません。口座からの引き落としという形で支払うという方法だけです。一見すると不便に思えるかもしれませんが、リボ払いや分割払いによる支払いが混在している状態よりも、お金の管理はしやすくなるでしょう。
デビットカードは通常、クレジットカードが使えるところであれば利用できることになっていますが、デビットカードだけ使えないようにしているショップやサービスも存在します。基本的にこうしたところはデビットカードを発行している銀行がリスト化しているので、定期的に目を通すようにしましょう。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.