法人向けのデビットカードは審査に通りやすい?

通りやすいどころか審査が存在しない!

法人向けのクレジットカードを申し込む場合、審査に通るか不安という人が多いのではないでしょうか。個人向けのクレジットカードであれば申込者本人の返済能力などに問題がなければ発行される可能性が高いです。しかし、法人向けの場合、会社についてもチェックされるため、起業してから時間が経っていなかったり、売り上げがあまり多くなかったりすると、経営者本人には問題がなくても審査で落とされる可能性があるからです。
では、クレジットカードではなく法人向けのデビットカードならどうでしょうか。実はデビットカードであれば、審査は基本的にありません。もちろん、申し込むにあたっては銀行に法人口座を開設しなければならず、この際にいろいろとチェックされますが、口座を開設できたらデビットも発行されると考えてほぼ間違いないでしょう。

審査がなくても盗難保険や海外旅行の保険などが付帯

審査不要でクレジットカードと同じように使えるというのはデビットカードの大きなメリットですが、クレジットカードの利点をすべて備えているわけではありません。たとえば、クレジットカードのように財布どころか銀行口座にもお金がない状態で買い物をするということはできません。デビットカードは、基本的にカードを通じて行う現金決済だからです。
ただ、現金を持ち歩く必要がなく、口座にお金さえ入っていれば、それをわざわざATMに行って下ろさなくてもカードを出すだけで決済できるのは利点といえるでしょう。
また、審査なしであってもデビットカードで購入したものが盗難された場合や、海外旅行先でけがをしたときなど、保険が適用されることが多いのもメリットです。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.